シミの豆知識記事一覧

 

年齢を問わず、多くの人が抱えているお肌のお悩みに「シミ」があります。「シミ」と一言で言っても、原因や形状、発生場所や治療法が異なり様々です。シミが出来てしまったからと、安易にケアをして逆に悪化してしまうケースがあります。つまり、シミの種類によってケアを変えていかなくてはいけません。シミの悩みを解消する為にも、まずはシミの事を知りましょう。自分の抱えるシミがどんなシミなのかを知れば、適切なケアが出来...

 
 

20代の若い年齢の人で、シミに悩む人は少ないですよね?シミに悩む人は、30代〜40代くらいでグッと増えるのでしょうか。「もう40才だから、仕方がない・・・。」なんて諦めていませんか?30代以降に増えるシミの原因を、きちんと理解しましょう。理解できれば、対策もできます。シミは諦めずに、ちゃんとケアをしなくてはいけません。そのためにも、30代以降のシミの原因を知っておきましょうね。30代40代のシミの...

 
 

シミができやすい人ってどんな人でしょうか?自分があてはまるのなら要注意ですよ。どんな人、どんな肌の人がシミができやすいのかを知っていれば、対応もできます。若い頃から、将来のシミを見据えてキチンとスキンケアする事はとても大切です。シミになりにくいお肌を作ると、30代40代になった時のシミ発生率がかなり下がります。ただし、「シミの出来やすい人」は一定数存在する事は事実です。シミの出来やすい体質の人は、...

 
 

自己流でシミを消すケアを行っても、シミはなかなか消えません。かと言って、放置していてもシミは消えません。特に若い頃のソバカスとは違い、30代を越えてできたシミはなかなか消えにくいものです。シミを消す場合、専門の医療機関でレーザー治療をしたり、投薬治療をしたりするのが一番効果的です。しかし、かなり費用が掛かります。病院でのシミ治療は、多くの場合保険適用外となるためです。なので、病院での治療を行った場...

 
 

紫外線を浴びすぎた事によるメラニンの過剰生成は、一番のシミの原因です。その上、シミが出来やすい遺伝子タイプがある事をご存知ですか?たとえば、ご両親が色白で日焼けをすると黒くならずに赤くなってしまう場合。そのお子さんも色白な場合が多く、また、日焼けに弱いタイプになる可能性が高いです。お肌の色が白い場合、メラニン生成が過剰になる傾向があります。それは、白い肌を紫外線から守ろうとお肌がメラニンを多く生成...

 
 

シミは一度出来てしまうとなかなか消す事が出来ません。だから、多くの人がシミに悩んでいます。特に30代を過ぎると、シミが急に多く出現し悩む人も多いです。それでは、シミの原因をご存知ですか?シミの原因には色々あります。しかし、多くの場合は「紫外線」が原因です。紫外線を浴びると、肌が日焼けします。すると、シミやそばかすが出来ます。簡単に言うと、こんなプロセスでシミが出来ますね。ならば、紫外線を浴びなけれ...

 
 

シミの原因の多くは紫外線です。20代の頃に出来るシミの原因は、だいたい紫外線です。紫外線を大量に浴びてしまうと、年齢に関係なく、シミは出来やすくなります。だから、若いうちでも紫外線対策を行う事は大切です。30代〜40代の頃に出来るシミは、若い頃浴びた紫外線が原因になります。紫外線を浴びる事で生成されたメラニンがお肌の表面に現れるのですね。つまり、「加齢」がシミの原因になりえます。「加齢」が原因のシ...

 
 

紫外線が原因となるシミ「老人性色素斑」「老人性色素斑」は、シミの中で一番多いシミになります。過去浴び続けた紫外線により過剰に生成されたメラニンが、お肌の表面に現れるのです。通常は、30代〜40代頃から現れると言われています。いわゆる一般的なシミが「老人性色素斑」です。でも、日頃から紫外線を浴びている人や、肌が色白の人は、早いと20代くらいからシミが出てくる事もあります。シミは、紫外線を浴びやすい場...

 
 

ナディノラがシミに悩む女性の間で話題になっていますね。「できてしまったシミに効果あり!」と話題です。でも、アメリカでしか売っていません。日本で購入できるナディノラは、あくまでも個人輸入品です。ハイドロキノンを使用していますから、品質にはこだわらないといけません。ハイドロキノンは、とてもデリケートな成分です。品質が不安定になりやすいんです。だったら、ナディノラでなく、日本で購入できるハイドロキノンを...