できやすい人は?できやすい肌タイプは?

シミができやすい人ってどんな人でしょうか?

 

自分があてはまるのなら要注意ですよ。

 

どんな人、どんな肌の人がシミができやすいのかを知っていれば、対応もできます。
若い頃から、将来のシミを見据えてキチンとスキンケアする事はとても大切です。

 

シミになりにくいお肌を作ると、30代40代になった時のシミ発生率がかなり下がります。

 

ただし、「シミの出来やすい人」は一定数存在する事は事実です。
シミの出来やすい体質の人は、どんなタイプの人でしょう。

 

シミには色々な原因があります。

 

一つは、紫外線が原因でシミになる人。

 

日焼けしたとき、肌が赤くなってしまう人です。

 

色白の人に多いですよね。
色白の人は、紫外線から肌を守ろうとメラニンが多く生成されます。
その為、シミが出来やすいのです。

 

紫外線を浴びると活性酸素が生成されます。

 

メラニンはこの活性酸素を取り除きます。
メラニンは、紫外線がお肌の奥深くにまで入り込むのを防いでくれるので、身体に必要な物質です。

 

普通の場合、メラニンは皮膚のターンオーバーのタイミングで、他の古い皮膚や角質と一緒に対外に排出されます。
そして、肌の色は元に戻ります。

 

しかし、紫外線を長く浴びすぎたり、ターンオーバーのサイクルが乱れると、メラニンが正常に対外に排出去れません。
排出されないメラニンはお肌の中に蓄積されます。
蓄積されたメラニンは、じき、色素沈着を起こし「シミ」となります。

 

30代を超えると、肌のターンオーバーも乱れがちになります。
30代になると、一気にシミができる原因の一つでもあります。

 

お肌を守る為に生成されたメラニンが、シミの原因となってしまうのですね。

 

色白な人以外にも、シミの出来やすい体質の人はいます。

  • 乾燥肌の人
  • 血行の悪い人
  • 生活習慣の乱れている人
  • ホルモンバランスの崩れた人
  • 歳を重ねた人

 

特に、お肌の乾燥している人は、シミが出来やすいでしょう。

 

シミを防ぐなら、まずは保湿を徹底する事です。

 

紫外線が原因でない場合もあります。

 

ご両親が色白でシミ・そばかすの出来ている人は、遺伝的な原因でシミ・そばかすが出来易い体質といえます。

 

遺伝的な要素を持っている人は、早い段階で「シミ予防」を行った方が良いでしょう。

 

シミ対策をキチンと行っていれば、出来てしまったシミであっても、目立たなくなったり、薄くなったりする可能性があります。

 

ただ、シミの種類によっては、過剰なスキンケアで症状が悪化する事もありますから、注意して下さい。

 

日頃から、シミ予防を意識しながらスキンケアを行いましょう。