30代以降に増えるシミ!原因を知っていますか?

20代の若い年齢の人で、シミに悩む人は少ないですよね?

 

シミに悩む人は、30代〜40代くらいでグッと増えるのでしょうか。

 

「もう40才だから、仕方がない・・・。」
なんて諦めていませんか?

 

30代以降に増えるシミの原因を、きちんと理解しましょう。
理解できれば、対策もできます。

 

シミは諦めずに、ちゃんとケアをしなくてはいけません。
そのためにも、30代以降のシミの原因を知っておきましょうね。

 

 

30代40代のシミの原因とは?

30才を超えると、急に増えるシミ。
その理由は、シミの出来るメカニズムにあります。

 

シミの原因物質は、良く知られていますが「メラニン色素」です。

 

紫外線は強いエネルギーを持った光線です。

 

紫外線を浴びると、肌細胞の中のDNAは傷つけられてしまいます。
DNAが傷ついたりDNA変異が起こると、細胞の死滅が起こったり、皮膚がんが発生したりします。

 

お肌は、紫外線が肌の奥深くに入り込むのを防ぎます。
この紫外線を防ごうとする作用の為に、表皮の一番下にある層・メラノサイトがメラニン色素を生成します。

 

メラニン色素は、お肌を守る為に生成されるのですね。

 

メラニン=悪

 

というわけでもないんです。

 

メラニンにも種類がある!

シミの原因ともなるメラニン色素。
実は、種類があると知っていましたか?

 

メラニンには2種類あります。

 

ユーメラニン

褐色から黒色の色素です。

 

フェオメラニン

黄色から赤色の色素です。

 

アジア人は、ユーメラニンの比率が高いと言われています。

 

ユーメラニンは紫外線によって発生した活性酸素を消去する力の強いメラニン色素です。
ユーメラニンの多いアジア人は、比較的シミが出来難い人種です。

 

逆に、白人はフェオメラニンの比率が高いです。

 

フェオメラニンは、紫外線を浴びると活性酸素を生成します。
フェオメラニンの比率が高い白人は、シミの出来やすい人種と言えます。

 

北欧の人々を始め、白人はシミが出来やすいと言う話を聞いたことがありませんか?

 

そばかすや、シミが多くある白人を町で見かけたことがある人も多いでしょう。

 

先ほどの説明の通り、白人は紫外線に弱くシミの出来やすいお肌を持っています。
ですので、私たち日本人よりもシミも出来やすいタイプなんです。

 

ですから、欧米では紫外線対策はさかんです。
日焼け止め、日焼け止めサプリ、シミケアなど。

 

近年話題の日焼け止めサプリも、欧米から入ってきたものなんですよ。
欧米では、子供の頃からきちんと日焼け対策を行っている人が多いです。

 

でも、日本人はシミが出てきてから慌ててケアを行う人が多いんです。
特に30代になり、急にシミが目立ってきてから、初めて本格的にケアをする人がほとんどです。

 

お肌の中で生成されたメラニンは、基本的には28日くらいで角質と一緒に対外に排出されます。
これは、古い皮膚や角質が新しい皮膚と入れ替わるターンオーバーのタイミングで、皮膚と一緒に排出されると言う事です。

 

しかし、ずっと紫外線を浴び続けてしまうと危険です。
ターンオーバーの周期で排出される以上にメラニンが生成されてしまうからです。

 

過剰に生成されたメラニンは、お肌に留まってしまいます。
こうなると、ターンオーバーの周期にも影響が出てきてしまいます。

 

歳を重ねると、ターンオーバーの周期も長くなります。

 

長くなったターンオーバー周期、紫外線を過剰に浴びる事により排出される溜まってしまうメラニン。

 

この様に、お肌の中にメラニン色素が蓄積すると色素沈着が起きてしまいます。
つまり、シミが出来るという事です。

 

30〜40代のシミは、20代の間に浴びた紫外線によって生成されたメラニンが、少しずつ顔を出した結果です。

 

20代の頃、溜めに溜めたメラニンが、ターンオーバーの乱れによって、色素沈着を起こしシミになっていたのです。

 

シミの出来るメカニズムがお解かりになったでしょうか?

 

正しいのシミのお手入れ、スキンケアを目指すならば、このシミの出来るメカニズムを理解する事が大切です。

 

つまり30代以降に増えたシミ対策には、

  • ターンオーバーを正常にすること
  • メラニン対策ができていること

などが必至になってきます。

 

シミケア対策化粧品は数多くありますが、シミウスのように年代に特化したケアを選んでくださいね。

 

シミウスが30代以降のシミにぴったりの理由は【シミウスのシミ対策は3つのポイントあるからスゴイ!】を読んでくださいね。

 

正しい知識を身に着けて、正しいシミ予防を心がけましょう。