遺伝タイプのシミがあるって知っていますか?

紫外線を浴びすぎた事によるメラニンの過剰生成は、一番のシミの原因です。

 

その上、シミが出来やすい遺伝子タイプがある事をご存知ですか?

 

たとえば、ご両親が色白で日焼けをすると黒くならずに赤くなってしまう場合。
そのお子さんも色白な場合が多く、また、日焼けに弱いタイプになる可能性が高いです。

 

お肌の色が白い場合、メラニン生成が過剰になる傾向があります。
それは、白い肌を紫外線から守ろうとお肌がメラニンを多く生成するからです。

 

メラニンが多く生成されてしまう為、シミが出来やすくなってしまいます。

 

今現在、ご両親のどちらかにシミが出来ているのならば、あなたもシミケアをすべきでしょう。

 

日焼け対策をキチンと行う必要があります。

 

特に「そばかす」は遺伝の影響が強いといわれています。そばかすも、シミの1種です。

 

小さい子供にそばかすが出来るのは、遺伝と関係していると言われています。

 

シミは本来紫外線を多く浴びると出来やすいです。

 

しかし、遺伝的要素のつよいそばかすは、まだ多くの紫外線を浴びていない子供であっても鼻の周りに出来たりします。

 

そばかすのように遺伝性のシミは、他のシミよりも改善が難しい傾向があります。
でも、全然改善できないと言う訳ではありません。

 

遺伝性のシミであるそばかすでも、日焼け対策としみたい策を続ける事で薄くなる事もあります。

 

紫外線を多く浴び続けると、そばかす周辺のメラニンの生成が活発になります。
つまり、そばかすが濃くなったり増えたりする可能性があるのです。

 

メラニン生成が活発であったり、色素沈着しやすかったりする体質の人は、きちんと意識をしてシミケアをすると良いでしょう。

 

そばかすに有効な成分は、美白成分の中でも一番美白効果の高い「ハイドロキノン」と言う成分です。
この成分が配合された美白化粧品を使用する事で、そばかすの色が薄くなり、そばかすが目立たなくなる可能性があります。

 

ただし、「ハイドロキノン」には副作用の恐れがあります。
赤みや炎症、白斑が起こる場合があります。

 

さらに、使い方次第ではシミを悪化させてしまう場合もあります。
効果の高い成分は、その分、使い方に注意が必要です。

 

レーザー治療などの医療機関でのシミ治療はとても効果が高い反面、とても費用が掛かります。
基本的に保険適用外となりますので、金銭的負担は大きいです。

 

シミ対策は、化粧品から始めたほうが良いでしょう。
劇的な効果はないかもしれませんが、金銭面でも多く掛かりませんし、安全です。

 

化粧品からシミ対策をする場合は、シミに対して有効な成分が配合されている事を確認して化粧品を選んで下さいね。

 

シミの出来やすい体質は遺伝してしまいますが、それは体質が遺伝しただけです。
自分の体質を認識した、日頃からスキンケアをする事でシミが出来難い状態にする事が大切ですね。