ナディノラは、アメリカ版シミ取りクリーム。効果大!でも、それだけじゃダメ!

 

ナディノラがシミに悩む女性の間で話題になっていますね。

 

「できてしまったシミに効果あり!」と話題です。

 

でも、アメリカでしか売っていません。
日本で購入できるナディノラは、あくまでも個人輸入品です。

 

ハイドロキノンを使用していますから、品質にはこだわらないといけません。

 

ハイドロキノンは、とてもデリケートな成分です。
品質が不安定になりやすいんです。

 

だったら、ナディノラでなく、日本で購入できるハイドロキノンを使用したクリームを使う方が安心ですよ。

 

ナディノラ以上の濃度のハイドロキノンを使用、安心して購入できるものが、日本でちゃんと販売されています。

 

ハイドロキノンを使用して、シミを消したいのなら、安心して使えるものでないといけません。
日本で安心して購入できるのに、ナディノラよりも値段もお得です。

 

 

ナディノラだけじゃダメってどういうこと?

 

ナディノラは、アメリカのシミ取りクリームです。

 

人気の理由は、その効果でしょう。

 

あのハイドロキノンを高配合しているクリームです。

 

2001年までは日本では、ハイドロキノンを1%以上配合する場合は、医師の処方箋が必要でした。
今でも、5%以上の配合量には医師の処方箋が必要になります。

 

ナディノラのハイドロキノンの配合率は3%です。
高配合であることがわかりますよね。

 

 

ナディノラは、当然、アメリカでしか売っていません。

 

しかし、本気で
「シミをなくしたい!」
「シミを消したい!」
と思っている人から、話題となっています。

 

アメリカやハワイに旅行に行った人が、ドラッグストアで大量に購入する人も多いんです。

 

値段もアメリカやハワイで購入すれば、10ドル程です。

 

日本円にして、1500円弱ですから、コスパもいいですよね。
アメリカでの購入ですから、医師の処方箋もいりません。

 

しかし、効果が高い分、危険性もあります
使用の際には、ナディノラの効果と副作用、その危険性も知っておきましょう。

 

 

 

結論だけでいうと、ナディノラだけでシミ対策はできません。

 

今あるシミと、シミ予備軍を同時にケアしないと、本当のシミ対策にはなりません。

 

おすすめは、ナディノラと、その他の化粧品との併用です。

 

ナディノラは、シミが気になるところに塗ります。
顔全体に塗るものではありません。

 

となると、ナディノラをだけでスキンケアは終了しませんよね?

 

化粧水や、乳液、もしくはオールインワンジェルを使用して、スキンケアをしないといけません。

 

普段のスキンケアを、シミ対策ができるものに変更しましょう。

 

 

ナディノラと併用することで、本当の意味でシミ対策が完成します。

 

 

ナディノラとの併用がおすすめ!危険性なしのシミ取りクリームはこちら
↓ ↓ ↓
https://www.mebiusseiyaku.co.jp/

ナディノラを日本でも購入したい!どうやったら買える?

 

 

基本は、購入先はアメリカになります。
ハワイだと、ネオプラザやABCストアで購入できます。

 

「アメリカには行けない。日本で買いたい!」
そういう人がほとんどですよね。

 

日本でナディノラを購入したい場合は、アメリカからの輸入となります。

 

調べてみると、Amazon(アマゾン)で販売されていました。
しかし、個人出品者からは販売になります。

 

楽天では、売られていませんでした。

 

日本で購入したい場合は、Amazon(アマゾン)か、個人輸入者から購入するしかなさそうですね。

 

ドラッグストアなどの薬局や、ドンキなどでは販売されていないでしょう。
ナディノラを買える販売店を探すのは、難しそうです。

 

ひょっとしたら、フラッと立ち寄ったバラエティショップなどで販売されているかもしれません。

 

しかし、確実に
「ここの販売店でナディノラが売っている!」
という情報は、ありませんでした。

 

先程も言ったように、ナディノラのハイドロキノンの配合量は3%です。
結構な含有量となります。

 

何か問題が起きた場合の責任などを考えると、一般的な販売店では売られていないのかもしれません。

 

確実に、入手できる方法は通販になります。

 

ですから、日本でナディノラを購入したいのなら、ある程度のリスクも知っておきましょう。

 

注意してほしいのは、アメリカからの輸入品であること、そしてアメリカ製であるということです。

 

 

つまり、何があっても自己責任となります。

 

ナディノラを使用して、何かトラブルが起きたとしても責任は自分にあります。

 

個人での輸入品を通販で購入するということも、念頭に置いてください。

 

 

ハイドロキノンは、シミや美白にとても効果的です。

 

肌の漂白剤とも言われるほどです。

 

そのため、とてもデリケートな成分でもあります

 

どのような状態で輸入されてきたものか、
どのような状態で保管されていたものか。

 

品質管理の面での不安もあります。

 

100%本物であるという確信もありません。

 

ナディノラの正規販売店からの購入ではありませんから、本物であるかどうかのリスクもあります。

 

できれば、現地に行って購入されるのが一番だということを覚えておいてくださいね。

 

 

そして、アメリカ製であるというこもポイントです。

 

アメリカ製ですから、当然アメリカ人向けに作られた製品です。

 

シミに悩むアメリカ人のほとんどは、白人でしょう。

 

白人は、シミができやすい体質です。
私たち日本人は、黄色人種。

 

白人の肌とは、全く違います。

 

黄色人種である私たちが使ってどうなるかは、未知数でもあります。

 

 

ナディノラの副作用とは?シミが消えるだけじゃない??

 

ナディノラがシミへの効果が高いのは、やはり「ハイドロキノン」にあります。

 

ハイドロキノンがシミに効果がある理由も知っておきましょう。

 

もともとハイドロキノンは、ゴムの酸化防止剤などに使用されてきました。
使用している人の肌は白いことから、美白成分として使用されるようになったのだとか。

 

ですから、本来は肌に使う成分ではなかったんですね。

 

ハイドロキノンは、メラニン色素の生成を抑えます。
特徴としては、メラニン色素を生成する細胞を減らす働きをも持っています。

 

つまり、できてしまったシミにも効果があるということです。

 

シミへの効果がある成分としては、ビタミンCやプラセンタなどがありますよね。

 

ですが、ハイドロキノンはビタミンCよりも遥かに美白成分が高いです。

 

約100倍もの効果を持つとも言われています。

 

「肌の漂白剤」とも言われているのもわかりますよね。

 

 

シミへの強い味方になってくれるのは間違いないでしょう。

 

では、副作用はどうでしょうか?

 

 

ハイドロキノンは、シミへの効果が高い成分です。
しかし、その分副作用の心配もあります。

 

主な副作用としては、白斑、炎症、色素沈着などが報告されています。

 

白斑の危険性

白斑は、カネボウの化粧品で副作用が出たことで有名になりましたね。
カネボウの化粧品とは、原因となる成分が違いますが、症状は同じです。

 

必要以上に肌が白くなります。

 

シミも目立ちますが、一部が白くなりすぎるのも目立ちますよね?
シミとは色が違うだけで、見た目が目立つのは変わりありません。

 

「シミを消したい!」
と思っていたら、白く色が抜けてしまったということも・・・。

 

炎症の危険性

ハイドロキノンは、強い成分であるために、とても繊細な成分であるともいえます。

 

というのも、とても酸化しやすく劣化しやすいとされています。

 

ハイドロキノンが酸化した際に生まれる成分が、肌へ刺激となり炎症を起こします。

 

ナディノラを購入する時は、この点に注意です。

 

品質管理がきちんとしてなければ、使う前にすでに酸化している危険性もあります。

 

成分が酸化しているのかどうかは、見た目などからは判断することは難しいです。

 

 

色素沈着の危険性

ハイドロキノンはシミに効果ありなので、一見
「色素沈着が副作用ってどういうこと?」
と思うかもしれません。

 

 

ハイドロキノンは、紫外線と大変相性が悪い成分です。

 

ハイドロキノンを使用して、紫外線を浴びると逆にシミを濃くしてしまいます。

 

ですから、ナディノラを使用しての紫外線対策は必至になります。

 

紫外線の影響を、いつもよりも受けやすくなりますから、かならず紫外線体躯を行ってください。
シミを消したいからハイドロキノンを使うのに、紫外線に弱いとは意外ですよね。

 

使い方次第では、逆にシミが増える原因になることもあります。

 

 

ナディノラを購入するのか?より効果的で安心なものを購入するのか?

シミを消したいと本気で思っているのなら、何が一番自分に合っているのかを考えて購入してください。

 

今すぐに消したいという気持ちもわかります。
ですが、安心して、安全なもので、シミを消していくのが一番です。

 

日本製で、日本人にあったものでシミを消したいのなら、ナディノラ以外にも良い商品はたくさんあります。

 

ハイドロキノンを使用したものも、ちゃんとあります。

 

先程も言いましたが、ハイドロキノンは、とてもデリケートな成分です。
品質が変わりやすいんですね。

 

ナディノラを日本で購入しようとすると、個人輸入となります。
品質管理がきちんとしているとは言えませんよね。

 

だったら、始めから品質管理もキチンとしているハイドロキノンを配合したものを選びましょう。

 

おすすめは、プラスナノHQになります。

 

プラスナノHQのハイドロキノンの濃度は4%になります。

 

ナディノラのハイドロキノンは3%ですから、プラスナノHQの方が高くなっています。

 

 

販売本数が、250,000本も突破しています。
日本でのプラスナノHQの人気ぶりがおわかりいただけるかと思います。

 

値段も、透肌美肌セットなら2,160円です。

 

ナディノラが、アマゾンでの価格が2,240円です。

 

 

ということは、プラスナノHQの方が値段的にもお得になります。

 

さらに、ハイドロキノンも4%とナディノラよりも高いです。

 

ナディノラのように個人輸入品ではありません。

 

品質が変化しやすいハイドロキノンを、安心して使用できると思います。

 

 

ナディノラは確かに、口コミなどで話題になっています。
しかし、日本では販売されていません。

 

アマゾンでの購入は、出品者の個人輸入品です。

 

ナディノラを使って、あなたはどうしたいのか?

 

シミを消したいんですよね?

 

 

ハイドロキノンは、品質が変化しやすい敏感な成分であることを忘れてはいけません。

 

ナディノラにこだわるよりも、日本で安心して使えるハイドロキノンを選びましょう。

 

あなたも、ハイドロキノンを使ってシミを消したいと思っているのなら、まずは安全な化粧品から使ってくださいね。

 

ナディノラのような輸入品にするのか、
プラスナノHQのような安心な製品にするのか

 

よく考えて選んでくださいね。

 

 

 

ナディノラVSプラスナノHQ!シミにはどちら有効?

 

アメリカでも人気のシミ取りクリームのナディノラ。
日本で安心して購入できるプラスナノHQ。

 

一体どちらがシミに有効なのでしょうか?

 

いろいろな視点から比較してみました!

 

ナディノラとプラスナノHQの比較をまとめてみました。

 

ナディノラ

プラスナノHQ

値段

2,240円

変動する場合あり

1本2,160円

2本3,980円

送料

別途必要

無料

ハイドロキノン

3%

4%

容量

64g

5g

販売

アメリカ

個人輸入

日本

おまけ

なし

プラスピュアVC25ミニ

 

まずは、値段です。

 

ナディノラは、amazonでしか購入できません。
amazonの個人輸入品となります。

 

ですので、価格は日々変動しますし、品切れとなっている場合もあります。
私が調べたときの価格は、2,240円でした。

 

次に、プラスナノHQの値段です。

 

1本2,160円でした。
さらに、2本セットでは、3,980円(1本辺り1,990円)となります。

 

送料も、amazonではプラスで必要になりますが、プラスナノHQで送料無料となっています。

 

プラスナノHQでは、お試しセットでハイドロキノンクリームの他に、プラスピュアVC25が付いてきます。

 

次に内容量です。

 

ナディノラでは、1個64g
プラスナノHQの内容量は、1本5g。

 

「プラスナノHQって少なすぎじゃない?」
と思うかもしれませんね。

 

先程も説明しましたが、ハイドロキノンは性質が変化しやすいものです。
開封後は、早めに使い切らないといけません。

 

開封後、1ヶ月を目安に使い切りましょう。

 

ハイドロキノンは、肌全体につけるものではありません。
シミが気になるところだけに使用するものです。
なので、容量が多ければいいというものではないんです。

 

ハイドロキノンを安全に使うことで、シミ対策が出来ることを忘れないで下さいね。

 

1ヶ月で使いきれず、残っているからと言って、古いハイドロキノンを使い続けるのは止めましょう。
ですので、容量に関してはあまり気にしなくてもいいと思います。

 

ナディノラか、プラスナノHQか。
比較してみると、値段、安心面、お得感、ハイドロキノン濃度を見ても、プラスナノHQがおすすめです。