紫外線は浴びなければいい?有害なだけじゃないんです。

シミは一度出来てしまうとなかなか消す事が出来ません。

 

だから、多くの人がシミに悩んでいます。
特に30代を過ぎると、シミが急に多く出現し悩む人も多いです。

 

それでは、シミの原因をご存知ですか?

 

シミの原因には色々あります。

 

しかし、多くの場合は「紫外線」が原因です。

 

紫外線を浴びると、肌が日焼けします。すると、シミやそばかすが出来ます。

 

簡単に言うと、こんなプロセスでシミが出来ますね。

 

ならば、紫外線を浴びなければ万事解決じゃないですか?

 

そうではないのです。

 

実は、紫外線を浴びる事は人体にとってとても大切な事なのです。

 

紫外線は、悪影響を及ぼすだけじゃない!

人の身体は紫外線を浴びる事でビタミンDを生成します。
ビタミンDは非常に重要な成分です。

 

ビタミンDは普段の食事などから摂取する事が難しい成分です。
しかし、ビタミンDは骨や歯を丈夫にしますし、免疫力を高めてくれます。

 

この様に紫外線を浴びる事はとても大切です。

 

全く紫外線を浴びずに生活するのはムリですし、健康的にもよくありません。

 

しかし、紫外線を浴びすぎるとお肌トラブルの原因になってしまうのですね。

 

なぜお肌トラブルに繋がってしまうのでしょう。

 

紫外線を多く浴びると、体内に活性酸素が大量に発生します。

 

活性酸素は、細菌を撃退する役割を持っており決して悪い成分ではありません。
しかし、大量に発生してしまうと最近だけではなくお肌の細胞まで破壊してしまうのです。

 

活性酸素に肌細胞を破壊されてはいけないと登場するのが、「メラニン」です。

 

メラニンは活性酸素がお肌に侵入する事を防いでくれます。
通常の場合、役目を終えたメラニンはお肌のターンオーバーのタイミングで他の古い角質や肌細胞と共に対外に排出されます。

 

紫外線を適量浴びている場合は、活性酸素の量も多くありませんし活性酸素を防ぐメラニンの量も多くありません。
お肌のターンオーバーのタイミングで、キレイに排出されます。

 

しかし、紫外線を浴びすぎた場合はメラニン自体の生成も大量になります。通常のターンオーバーでは排出が間に合わなくなります。
さらに、加齢やストレス、ホルモンバランスの乱れなどがあると、ターンオーバーの周期自体も乱れてしまいます。

 

30代を超えて、シミが急に増えるのも、この事が原因とされています。

 

こうなると、ますますメラニンは対外に排出され難くなります。

 

お肌に残ったメラニンはそのまま表皮に残ります。
そのメラニンが色素沈着を起こすと、シミとなってしまいます。

 

シミは20代の頃には出来難いです。

 

しかし、恐ろしい事に30代〜40代になると急に目立ち始めます。
これは、若い頃に浴びたメラニンがお肌の中で蓄積されていて、30代になった頃にシミとして現れたのです。

 

若い頃は誰しも気を使わなくてもシミなど出来ないと考えがちですね。
しかし、そうやって油断していると歳を重ねた頃になって急にシミが出現します。

 

その時になって後悔しないように、若い頃から紫外線対策をしておく事はとても大切ですよ。