シミには種類があった!あなたのシミはどれ?種類にあったケアをしよう。

年齢を問わず、多くの人が抱えているお肌のお悩みに「シミ」があります。

 

「シミ」と一言で言っても、原因や形状、発生場所や治療法が異なり様々です。

 

シミが出来てしまったからと、安易にケアをして逆に悪化してしまうケースがあります。

 

つまり、シミの種類によってケアを変えていかなくてはいけません。

 

シミの悩みを解消する為にも、まずはシミの事を知りましょう。
自分の抱えるシミがどんなシミなのかを知れば、適切なケアが出来ますよ。

 

自分が悩んでいるシミはどの種類なのかをきちんと知って、ケア方法を選んでくださいね。

 

意外に多いシミの種類。

シミの種類について、簡単に紹介しますね。

 

老人性色素斑

数ミリ程度の丸い形のシミが、頬やこめかみに出来やすいです。
一般的に言われる「シミ」です。もっとも多いのがこのシミになります。

 

原因は紫外線。

 

通常は40代以降からこのシミが発生する事が多いです。
ただ、色白の人や、日常的に紫外線を浴びている人などは、20代くらいの早い年齢でも発生する事があります。

 

多くの女性が悩んでいるシミとも言えますね。

 

肝斑

左右対称で濃淡の均一なシミです。
頬や鼻の下、額などに出来ます。

 

原因は紫外線ではなく、ホルモンバランスの乱れだと考えられています。

 

多くのシミは美白化粧品でケアすると改善効果があります。
しかし、肝斑に関しては効果がない場合があります。
悪化するケースもあるので、注意が必要です。

 

30代40代ともなると、ホルモンバランスは崩れがちです。
ですので、肝斑で悩む女性も多いです。

 

肝斑と老人性色素斑と合わせて出来る場合もあります。

 

雀卵斑

一般的に「そばかす」と呼ばれるしみです。
鼻を中心にして顔全体に、小さな斑点が散らばります。

 

そばかすは遺伝的要素が強く、子供の頃多く発生します。

 

形状は不規則で、成長と共に増加する傾向があります。
また、紫外線を浴びると色が濃くなることがあります。

 

 

この様な代表的なシミのほかにも、

  • 生まれつきのアザとして出来る「発達性両側性太田母斑」
  • いぼ状にシミが盛り上がる「脂漏性角化症」
  • ケガやニキビ跡の色素沈着で出来てしまう「炎症性色素沈着」
  • 日焼けの時の水ぶくれ跡が原因の「花弁状色素斑」
  • 摩擦刺激や締め付けによって出来る「摩擦黒皮症」

などがあります。

 

どのシミも、素人目で判断する事は難しいです。

 

ですので、本当に自分のシミがどれなのか?を知りたければ、皮膚科や専門機関を受診しなくてはいけません。
皮膚科を受診すれば、自分のシミがどんなシミであるのか判ります。

 

でも、シミの治療は保険が適用外の場合が多いです。
また、皮膚科を受診しても、美容整形外科を勧められる場合も多いようです。

 

病院にまで行けないという人も多いはずですね。

 

それならば、シミ対策化粧品であっても、年代別に分かれている化粧品を購入するようにしましょう。

 

シミの種類からもわかるように、シミには年齢が大きく関わってきます。

 

30代40代で悩むシミ、老人性色素斑や肝斑の場合、アラフォー世代向けのシミケア対策を選んでください。

 

その年代向けですから、多くはアラフォーに特化したケア対策となっています。

 

このサイトでも紹介しているシミウスもアラフォー世代のシミに特化しています。

 

シミウスについては、【シミウスのシミ対策は3つのポイントあるからスゴイ!】で紹介してます。

 

ご自分のシミについては、正しい知識で正しいケアを心がけましょう。