シミは、できてから後悔するより、できないようにしよう!そのためには・・・

自己流でシミを消すケアを行っても、シミはなかなか消えません。
かと言って、放置していてもシミは消えません。

 

特に若い頃のソバカスとは違い、30代を越えてできたシミはなかなか消えにくいものです。

 

シミを消す場合、専門の医療機関でレーザー治療をしたり、投薬治療をしたりするのが一番効果的です。
しかし、かなり費用が掛かります。

 

病院でのシミ治療は、多くの場合保険適用外となるためです。
なので、病院での治療を行った場合は、治療費がかなり高額になる事を覚悟しなければなりません。

 

シミが出来てしまうと、この様に治す事が大変です。
ならば、シミを作らないようにしましょう。

 

シミを作らせないためには何が必要?予防対策は?

確実なシミ予防は、シミが出来る前にケアする事が重要です。

 

自分のお肌にはまだシミがないと思っていても、多くの場合肌の奥にはシミ予備軍がいます。
シミ予備軍が肌の表面に現れない様ケアする事が大切です。

 

シミの原因の多くは、メラニンが原因です。
メラニンは肌の奥まで紫外線が届かない様にする為に生成される色素です。

 

紫外線を多く浴びると、メラニンが多く生成されます。
メラニンを多く作らせない様にする事が、シミ予防の鍵になります。

 

シミ予防に必要なケアは、「美白」と「保湿」になります。

 

化粧品を選ぶ場合は、美白成分の入った製品を選ぶと良いでしょう。

 

美白には2種類の作用があります。
目的に合わせて選んで下さい。

 

メラニン生成抑制作用

シミやくすみの原因になるメラニンを生成しないようにする作用です。

 

方法は、チロシナーゼと言う酵素の活動を抑制します。

 

チロシナーゼはメラニンを生成するので、この酵素を抑制する事でメラニンの生成が抑えられます。

 

そして、メラノサイトにメラニン生成の指令を出す「情報伝達物質」の働きを阻害する作用があります。
これによって、メラノサイトでメラニンが生成されなくなります。

 

メラニン還元作用

もう出来てしまったシミやくすみを薄くする作用です。

 

シミやくすみに効果的な美白成分は次の様な成分になります。

  • ビタミンC誘導体
  • ハイドロキノン
  • アルブチン
  • プラセンタエキス
  • エラグ酸
  • コウジ酸
  • レチノールなど
  • カモミラET
  • 肝斑に効くとされている、トラネキサム酸
  • t−AMCHAなど
  • ビタミンC誘導体

 

乾燥もシミの原因の一つです。

 

特に30代にもなると、肌は乾燥しやすくなっています。
年齢に応じたケアを行うことも重要になってきます。

 

セラミドやヒアルロン酸、コラーゲンといった成分は、保湿に有効な成分です。
乾燥を防ぐ為にも、これらの成分を配合した保湿力の高い化粧品を選びたいですね。

 

美白化粧品は、「日焼けによるシミ」を防ぐ製品です。
また、医薬部外品なので誰にでも効果があると言う訳ではありません。

 

お肌の質やタイプによっては、悪化する事もあるので注意して下さい。

 

ご自分のシミのタイプを認識し、そのタイプにあったケア用品を選ぶようにしましょう。